Categorized under: 未分類

即日借入のためのポイント

カードローンの申し込み方法は、店頭で直接申し込む方法の他、電話、自動契約機など様々あります。
中でも、最も手軽でスピーディーに申し込める方法がインターネットを利用した方法です。
ほとんどの消費者金融や銀行では、ネットからの申し込みを可能としており、パソコンだけでなくスマホからでも申し込めるところもあります。

ネットを利用して申し込むことの利点は、スピーディーに契約までを行うことができ、即日融資が可能である点です。申し込んでから審査までの時間も短縮化が進んでおり、最短30分で審査回答が出る消費者金融もあります。必要書類も、スマホなどで撮影した画像をメールに添付するなどして、送付することができる会社もあります。そのまま、来店不要でネット上で契約も行えるため、即日融資が可能な場合もあります。
ただ、即日融資を受けるためにはいくつかのポイントをクリアする必要があります。

そのポイントの一つが、申し込む時間帯です。ネットからの申し込みは24時間受付可能となっていますが、契約した時間が15時を過ぎた場合には、ほとんどのところで即日融資ができなくなります。カードローン会社によっては、14時までに契約をする必要がある場合もあります。ですので、申し込みの時間帯をできるだけ早くすることが、即日融資の必須条件となります。

さらに、即日融資を可能とするためには、希望融資額を50万円以下に設定することも重要です。50万円以下というのは、収入証明書が不要な融資額であるからです。

また、審査を一発で通ることもポイントの一つのなります。最短30分の審査回答とはいえ、審査に落ちてしまっては利用することができずに、即日融資どころではありません。審査をスムーズに通過するためには、50万円以下の希望融資額に設定し、他社と合わせて100万円以下の借り入れ額にしておく必要があります。多くのカードローン会社では、申し込むサイトの中に、簡易審査診断を導入しています。1~10秒ほどで診断結果が出ますので、これを利用して申し込むと、よりスムーズに審査を通過することができます。

Categorized under: 未分類

お金を借りた

バイトを始めて2年くらいに、そのバイト先で働いてる女の同僚や先輩達が急にスタイル良くなったなぁと感じてて、みんなダイエットとか頑張ってるのかな?と思ったくらいで、その時は特に気にもしていませんでした。それから何日かして、スタイルが良くなったなぁと感じていた同僚と帰りの時間が一緒になり、更衣室で着替え始めた時に理由が判明!補正下着だった!
その同僚は背が小さくてとても小柄だけど、羨ましい事に胸がかなり大きくて、少し肉付きがいい感じの体型だった。それが最近は体にメリハリがついて来てて、私から見ても『良い体してるな…』なんて思ってしまった程(汗)今までは補正下着と聞くとオバサンてイメージがあったけれど、同僚を見て思った事は『綺麗』だった。
思わず『その下着どうしたの?』って聞いてしまった。同僚は驚く事もなく普通に『これ、奮発して買ったんだぁ』って。私は、最近スタイル良くなったと感じてた事などを同僚に話して、帰り道はその話一色。色々聞くうちに自分も購入意欲が湧いて来て、次の日またシフトが同じだったので思い切って聞いてみた。金額を聞いてビックリ!高いと噂には聞いていたけど、42万!その当時の私は、3万の買い物ですら高額で無理無理!って感じだったので、補正下着購入は即却下だと思っていた。でも、その同僚が言うには『現金一括じゃ自分にも無理無理!そんな稼ぎないって!カードローンで買ったんだよ。』と。私は、ローンと言う言葉だけで抵抗があったので、店頭なんかでローンの説明とかされそうになるとすぐ逃げて来てたけど、今回は付き合いの長い同僚。それもあってか抵抗感がかなり無くなって初めてカードローンで無事購入。そして今は、日々せっせと『お腹の肉よ、胸へ引っ越せ!』と念仏唱えながら装着してます(笑)。

Categorized under: 未分類

結婚式が続くとしんどい。カードローンで面目を保つ。

私は今年で26歳になり、周囲が結婚ラッシュとなる年齢です。ちょうど就職した当時にお付き合いを始めた男女が結婚を決意する時期に当たるようで、社会人の給料的にも何とか余裕が出始める時期だと言うこともできます。
しかし、とは言っても連続して結婚式があるとそのためのご祝儀を支払い続けるのがしんどいのもまた事実です。三万円は社会人三年目や四年目の給料から見ると決して小さくない額の出費です。それが何ヵ月に一回と言うペースならまだしも、毎月続いたり、学生時代や社会人の友人を含めると同じ月の中で連続して結婚式があったりするので、その月はかなり生活が厳しいことになります。
下手に支払いがしんどいからといって出席を断ると言うのも忍びない話ですので、結局自分の生活費を切り詰めるしかないのですが、それにだって限界はあります。
そこで活用したいなと言うのがカードローンです。社会人ですからさすがに数枚のクレジットカードは持っていますし、クレジットカードさえあれば簡単に即日融資のカードローンを作ることができます。
もちろん中身は借金そのものですので、あまりやっていて気持ちいいことではないでしょうが、まさに背に腹は代えられないと言う状況なのです。

Categorized under: 未分類

カードローンすごく便利ですよ。

最初にカードローンを使ったのは、会社に入社して間もなくでした。
引越し資金が足りなかったので、現金を6万円借りて資金に充てました。

その時のお金は、次の給料日に直ぐ返済したので、利子も少なくて助かりました。
この後もショッピングでカードローンを使っています。

給料の残金が少なくて心配な時でも、ちょっと高い物くらいならローンにして
買うようになりました。

今使っているローンで買ったパソコンも、10万円オーバーの機種です。
カードローンじゃなければ、直ぐには買えませんでした。

ちなみに選んだカード会社は、大手3社の候補を挙げて、その中から選びました。
決め手は、大手だと気になる機能などの違いも無かったので、
転居先と会社の近くでATMが使える会社にしました。

審査は在籍確認をしっかりされた印象です。
多分、初めてのカード作成だったので情報や記録がなかったのだと思います。
作成時に必要なものは、印鑑と身分証明書だけでした。

借りる金額が高額だと、収入証明書が必要なのだそうです。
自分の場合は、少額でしたので一応持っていたのですが使いませんでした。

作ったことが無い方は1枚持っていると便利ですよ。
今はリアル店舗用と少額のネット専用のカードを1枚ずつ持っていますが、
両方ともポイントや特典なども貰える事もあって重宝しています。

Categorized under: 未分類

お金を借りてみたいけどどうしたらいいか分からない

我が家は決して裕福ではありません。それは病人が二人いるからです。それを苦痛だと思った事はありませんが、それでもどうしてもやっぱりお金の問題は常に付きまとってきます。

一番の問題はリウマチで母が受けている治療の代金です。
一カ月、保険が利いても5万円の治療費がかかります。まるまる5万円はとても痛いです。

そして我が家には車がありません。
足の不自由な家族の為に車が欲しいのですが、車を買うお金も維持するお金もありません。

そこで、出来ればお金を借りたいのですが、どこでどう借りたらいいのかが分からないのです。
離れて住んでいる兄弟は頼れません。
友達や親戚には、借りるどころか、こんな話はとてもじゃないですが相談出来ないです。

借りたいのですが、よくテレビコマーシャルで「返し過ぎたお金が戻ってくるかもしれません」って言ってますよね?つまり、テレビコマーシャルが放送されているくらい借りたのはいいけれど、返済に四苦八苦している人、多く返済している人が大勢いるって事ですよね?トラブルの香りがプンプンします。

安心して相談出来るカードローン取り扱いのお店があればいいのですが、ネットで調べても、ネットの口コミをまるまる信用していいのかも疑問です。

最終的には行政に頼るしかないのかな…と思いますが、それは究極の最後の手段だと思っています。